長浜城 (滋賀県)

長浜城(1)).JPG 木下藤吉郎改め羽柴秀吉が、初めて一国一城の主になったのは、この長浜城でした。ここは、もと今浜という地名でしたが、秀吉が長浜と改めています。主君の信長に「上様の一字をば頂戴いたしまして、長浜と改めとうございます」とか調子よく言上したのでしょう。
 この長浜城は、湖に突き出した湖城で、水上交通を主題に置いた築城であったと考えられます。秀吉のとった商業上の特典は、江戸時代になっても引き継がれ、彦根藩の領域にあっても北近江の要衝となりました。
 明治後、鉄道交通の分岐点を他に譲ってしまったため、一時沈滞しましたが、また「黒壁」などの町おこしに成功しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。