芝生城 (徳島県)

 吉野川中流域、今では、その名も「三好市」となった地に、三好氏の本拠地である芝生城がありました。城といっても居館程度のものだったのでしょうが、信長以前の天下人・三好長慶もここで生まれたと言われます。吉野川の河岸段丘に位置し、要害の地では無いですが、吉野川に注ぐ川に面し、交通の要衝であったと思われます。いや、阿波一国が金城湯池に例えられていますから、国堅固であり、城は、居館規模でよかったのでしょう。三好氏の力の源泉は交易、とくに阿波の藍・木材であったと考えられますので、むしろ格好の本拠地であったのかもしれません。
 細川氏に従って畿内各地で暴れまわった三好氏でしたが、それ故に危険視もされ、長慶の父は謀殺されてしまいます。かろうじて、阿波・芝生に逃げ戻った長慶は、元服の後に再び畿内に打って出ます。
 天下人となった長慶でしたが、若くして恍惚となり(アルツハイマーか?)、芝生に戻ることはありませんでした。芝生も三好氏の衰退とともに風化し、いまでは、看板が立つのみです。あたりは麦畑になっていて、麦の穂が風に揺れていました。芝生城;麦畑.jpg芝生城;説明板.jpg
 

岡豊城 (高知県)

岡豊城;石碑.jpg岡豊城;本丸.jpg 長宗我部氏の本拠は、南国市一帯で、その居城は、岡豊(おこう)にありました。この地は、土佐の旧国府があった地で、南国平野という呼び方もあるほどの豊穣の地です。さすがに、土佐を統一するだけの基盤があったのだと感心します。長宗我部元親も、この岡豊を拠点にして、勢力を拡大しました。
 かつては案内板も何も無く、この城祉を訪れることができなかったという経験もありますが、今では城の領域に立派な歴史民俗資料館ができて、簡単にたどりつくことができます。歴史民俗資料館の裏山が城址で、その本丸からは南国平野を見渡すことができました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。